【京都】体罰:卓球部監督、竹刀で 部員が学校休む--東山高 - 【ジャッジメントですのっ!】教師の不祥事まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【京都】体罰:卓球部監督、竹刀で 部員が学校休む--東山高

体罰:卓球部監督、竹刀で 部員が学校休む--東山高 /京都

私立東山高校(京都市左京区)の卓球部の部員が、
監督の男性教諭(49)から竹刀でたたかれ、
先月から学校を休んでいることが分かった。

同高は「行き過ぎた指導があった」として、
教諭を処分する方針。

同高によると、教諭は9月25日と10月4日、
校内での練習中に、竹刀で部員数人の頭や尻をたたいた。
部員にけがはなかったが、そのうち1人が10日の練習中に倒れ、
以降は部活動に参加せず、25日からは登校もしなくなった。

卓球部は60年連続でインターハイに出場している強豪。
教諭は部員や保護者らに謝罪し、
部の指導から外れているという。

(引用元:毎日新聞 11月4日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101104-00000149-mailo-l26



60年連続でインターハイに出場するような強豪チームなら、
ある程度軍隊チックな指導が行われているなど
容易に予測可能ですの。

なぜそこに竹刀があるのか?
・・・というと、
普段から指導用に使っていたからなんですよねw

ま、それは置いといて・・・


最終的に勝利を勝ち取りたいなら、
選手にとってその程度の困難は普通にありますし、
どの学校も血のにじむような練習をしている中から
頭ひとつ出ようと思って必死になってる。
したがって、良かれ悪しかれある程度の無茶はします。


行き過ぎ指導かもしれませんが、
その困難を乗り越えた先に掴む事ができるモノは、
今後の人生を左右しかねないモノですの。


練習がイヤなら辞めればいいんですの。
だって、続けるも辞めるも本人の自由じゃないですか。


この教諭は指導から外されたようですが、
部の選手全体の利益を考えての事だったのでしょうかね。


これでこのチームが60年連続インターハイ出場を、
61年目で逃すような結果になったら、
そもそも卓球で全国を目指す!と意気込んでた選手たちの気持ちは
一体どうなるんでしょうかね???


この短い記事からは詳しく読み取れはしないので、
どっちをどうとか批評をするのはナンセンスなんですが、


かつて高校時代に気を失うまで練習してたわたくしには
ちょっと?????と思うわけですよ。
(ちなみにわたしは体型・体力的に恵まれていない体でしたよ。障害もありますしw)


 見えない壁






学校・教育の話題を見る>>
【ジャッジメントですのっ!】教師の不祥事まとめブログTOPへ>>

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
関連記事
Powered By 我RSS ブログパーツ
コメント
非公開コメント

検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。