【広島】生徒215人分の情報紛失 広島の県立高校 - 【ジャッジメントですのっ!】教師の不祥事まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【広島】生徒215人分の情報紛失 広島の県立高校

生徒215人分の情報紛失 広島の県立高校

広島県教育委員会は10日、
県立広高校で保健体育を担当する50代の男性教諭が
1~3年の生徒215人分の氏名、成績などの個人情報を記録した
指導手帳を紛失したと発表した。
不正使用された報告はないという。
県教委によると、教諭が有給休暇を取得した2日、
授業を代行した別の教諭が手帳を使用、
男性教諭の机に返却した。
男性教諭は祝日の3日、部活動の指導で来校したが、
手帳があるかどうか気付かず、
4日に1限目の保健の授業に向かう際、
紛失に気付いた。

県教委指導第2課は
「個人情報の紛失、漏えいがないよう管理を指導してきたのに誠に遺憾だ」
としている。

(引用元:2010/11/10 産経)




手帳とはまたアナログな情報管理ですねー


釈然としないのは、
生徒の情報を蓄積していた手帳の価値を認識しているのは
ごく限られた人間だと思うんでうが、どうでしょう?


とりあえず盗むにしても、
机には他のものもたくさんあるでしょうし、
わき目もふれずに手帳に狙いを定めるとは
考えにくいなー


いろいろ妄想が膨らんできますw


 盗難・車上狙い撃退マニュアル




学校・教育の話題を見る>>
【ジャッジメントですのっ!】教師の不祥事まとめブログTOPへ>>

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
関連記事
Powered By 我RSS ブログパーツ
コメント
非公開コメント

検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。