≪セクハラサイコロ騒動≫教諭処分が迷走している件 - 【ジャッジメントですのっ!】教師の不祥事まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪セクハラサイコロ騒動≫教諭処分が迷走している件



 担任のクラスで苦情を訴えた児童が
 1人もいなかった・・・




[以下引用]
埼玉県入間市の市立扇小学校で昨年10月、
「キス」「ハグ」などと書いた手製のサイコロを
「セクハラサイコロ」と呼んで
児童に振らせていたことが問題視された担任男性教諭の処分が、
宙に浮いたままになっている。

この種類の不祥事に対する処分は
「通常ならば問題発覚後、1カ月ほどで決まる」(県教育委員会)
はずなのに、これほど延びるのは異例だ。
[引用元:2011/01/20 産経新聞]

「教師の不祥事キター!!!!!」
・・・とガッツリ食いついたマスコミが
一斉に教諭を叩きまくったこの事件(?!)
TVではコメンテーターの先生様方が
偉そうに批判的なコメントを浴びせていましたよねw
そう、確か去年の10月頃だったでしょうか・・・

前回の当ブログ記事にも取り上げていましたが、
事実関係の検証と裏付けをキッチリ行わないままに
「教諭の不祥事」として先に情報が流通してしまったため、

不祥事発覚キター
   ↓
報告書出せやコラ
   ↓
いや・・・実際担任クラスからは被害届出てないんですよね(汗
   ↓
マジで?!もう一回調べなおせカス!
   ↓
つか、そもそも調べるべきは
「教諭とは別のクラスの児童の母親が
知人男性を連れて、怒った様子で学校を訪れてきた」

っていうこの2人を詰めるべきじゃね?
(妄想含むw)
なーんて感じの、微妙~な空気になっていますヮねぇ★

なにせ、
●肝心の“証拠物”となるサイコロ自体が学校からなくなっている
●担任のクラスで苦情を訴えた児童が1人もいなかった
つーわけでして( ゚∀゚)

「不祥事」として受け取った教委側は
処分の度合いを決めるどころか、
処分に該当するものか否か?の時点まで
立ち戻らなければならなくなりましたw

最初に罪を作ってシナリオを調整していくはずが、
生徒や保護者の思わぬ援護射撃によって
風向きが変わったこの騒動

※どこまで真実を追究して
※その結果をどこまで報道をして
※誰がどう責任をとるのか?

見ものですわねw


ただ、
「全国ネット」で晒し者にして
一人の人間の人生を狂わせたのです
クラスの児童達も困惑しているに違いありません

「責任のなすり合い」や
「華麗にスルー」だけは

カンベンして欲しいですヮね★


悪いのは私じゃない症候群





【ranking】学校・教育の話題を見る>>

関連記事
Powered By 我RSS ブログパーツ
コメント
非公開コメント

検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。