【大阪】○○ちゅわ~ん(ハート)…教え子に深夜メール - 【ジャッジメントですのっ!】教師の不祥事まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【大阪】○○ちゅわ~ん(ハート)…教え子に深夜メール

読んでる自分が恥ずかしくなるような強烈なニュースですわね・・・
これはわたくしのつまらないコメントよりも、
早速ニュースを読んでいただきたいですわwwwww

○○ちゅわ~ん(ハート)…教え子に深夜メール
桃山学院高校(大阪市阿倍野区)の男性教諭(32)が昨年、担任だった当時1年の女子生徒(16)に対し、4か月間にわたり深夜に約500通のメールを送ったなどとして、同校が今年7月、教諭を停職1か月の懲戒処分にしていたことが分かった。

女子生徒が同6月、校長に訴えて問題が発覚。女子生徒は「返信しないと教諭に怒られた。精神的に追い詰められ転校を余儀なくされた」としており、同校や教諭を相手に損害賠償請求訴訟を検討している。

同校によると、処分理由となった問題のメールは、昨年4月から同7月の間、午後9時~午10時頃に送信された。絵文字を用い、女子生徒に対し「○○ちゅわ~~ん●●」と呼びかけたり、「かわいい●」などと記載したりしたものもあり、同校は「メールの頻度、時間帯などが教育者としてふさわしくない」と判断した。(●はハートマーク)

また教諭は男女を問わず、生徒を車に乗せることを禁じた服務規定に反し、昨年5月、飲食店から帰宅しようとしていたこの生徒をマイカーで迎えに行き、自宅に送ったという。

女子生徒は、昨年9月に校内のエレベーターで教諭に背中や腕に触れられたことにも不快感を訴えたが、同校側は「セクハラ行為はなかった」としている。女子生徒側は読売新聞の取材に対し、「休日に居場所を聞かれたこともあり、ストレス性のじんましんを発症した。学校側が事実を正しく公表しないため周囲に誤解され、無関係の生徒から非難のメールが来た」などとしている。


 先生と生徒の恋愛問題>>
勉強や部活から将来の不安まで親身になって相談に乗ってくれた担任の先生。進路から家族のことまで心配してくれた優しい女教師…聖職者と思春期の生徒は、なぜ恋に落ち、どのように恋愛を発展させたのか?わいせつ行為で処分された先生や年齢差を乗り越えて結婚したケースなど、当事者たちの生々しい言葉からタブーの実相に迫る。

学校・教育の話題を見る>>
【ジャッジメントですのっ!】教師の不祥事まとめブログTOPへ>>

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
関連記事
Powered By 我RSS ブログパーツ
コメント
非公開コメント

検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。