【鳥取】「がけの上で人を押すと…」中学講師が不適切出題 - 【ジャッジメントですのっ!】教師の不祥事まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【鳥取】「がけの上で人を押すと…」中学講師が不適切出題

最近は何ですか、
殺人を連想させる出題が流行っているのですの???

空気的に「コレ言ったらマズイかもw」とか、
考えないんでしょうか???
それとも、学ぶ事に対して欲を出さない生徒の気を引くため、
苦肉の策で出した問題が、地雷を踏んじゃったわけかしら・・・



「がけの上で人を押すと…」中学講師が不適切出題

鳥取県米子市の市立中学校で、理科担当の男性常勤講師(70)が、
1年生の授業中「がけの上に立っている人に力を加えるとどうなるか」
などと殺人を連想させるような問題を出していたことが15日、分かった。

市教委などによると、講師は今月上旬の授業で「作用点」など
物体に働く力に関する問題を出題。
「がけの上に立っている人のどこにどういう力を加えたら
落ちて死ぬか、助かるか、一緒に落ちるか」と問い掛けた。
生徒が驚いたため、出題を
「どこに力を加えたらあの世にお送りすることになるか」と変更。
「殺せば罪になるし、助ければ表彰される」とも説明したという。

講師と校長が2つのクラスを回って謝罪。市教委は
「分かりやすく説明しようとしたのだろうが、不適切な表現だった」
としている。

(引用元:2010/10/15 産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101015-00001172-yom-soci




とりあえずツッコんどきますけども、
70歳の理科講師を雇わないといけないほど、
米子市では教員の人材が不足しているのですの???

 そんな軽い命なら私にください






学校・教育の話題を見る>>
【ジャッジメントですのっ!】教師の不祥事まとめブログTOPへ>>

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
関連記事
Powered By 我RSS ブログパーツ
コメント
非公開コメント

検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。